キレイな肌になる為に

刺青

ピコレーザーとはシミや痣、タトゥーやほくろなどを除去できるレーザーのことです。肌の色素沈着にも効果を発揮します。今までのレーザーよりも照射時間が短く、ナノという単位よりも小さいピコ秒の照射でレーザー治療ができる為、肌への負担も更に減らせます。色々な肌の悩みに対してアプローチできて負担も少ないのでその人気も上昇傾向にあります。利用する人に関しては、キレイな肌を手に入れたい人や、元の綺麗な肌に戻したい人が施術を受けます。しっかりとしたカウンセリングを終えると、麻酔をしてから施術を始めますが痛みに関しては多少感じる人もいれば全く感じない人もいるので人それぞれです。時間は20分程度で料金は5平方メートル当たり2万5千円程で施術ができます。副作用に関しては、赤みが出たり、水膨れになることがありますが、数日経てば治ります。レーザーを当てるものなので、日焼けに近いようなヒリヒリした感覚もあるかもしれませんが、軟膏などでケアをしたりクリニックによってアフターケアも異なります。

自分に起こることは自分で理解しておく

刺青

ピコレーザーの治療は、海外ではいち早く取り入れられていてその評価も高いようですが、最近では日本でも取り入れられ始めていて、これからは増加傾向に向かっていくと思われます。もっと身近な存在になれは、それまでは諦められていたものも解決できるかもしれません。そんな少しずつ増えているピコレーザーのクリニックですが、選ぶ際には自分の予算に合った料金やクリニックの雰囲気などをしっかりとじぶんで調べることが大切です。照射時間などの面で考えてもメリットを感じるピコレーザーですが、もちろんデメリットもあります。例えばタトゥーなど肌の奥にまで照射しないと除去ができない場合では、照射量も増えてしまう為に水膨れができてしまいます。時間の経過とともに治るものではありますが、結婚式までに早く除去がしたいなど期限が近い場合には、それまでに完全な状態にできる保証がありません。自然治癒が完了するまでの時間経過も人それぞれだからです。また感じる痛さなども人によって違うので、ある程度は心の準備も必要です。肌のお悩みに寄り添ってくれる、心強い存在のピコレーザーではありますが、自分が受ける施術に関しては最低限の知識は自分で調べて理解しておくに越したことはないのではないでしょうか。アレルギーや元々の体質によっても影響がある場合もありますので、クリニックでカウンセリングを受ける際に不安要素は解決できるようにしておいた方が自分も安心して施術にのぞむことができます。これからが期待されるピコレーザーで救われる肌の悩みがますます増えることを願いたいです。

広告募集中